2017 障害者の方の為の無料コンサート レポート

2017 障害者の方の為の無料コンサート レポート

lunanews20170829-4

お天気にも恵まれ、暑い日となりましたが、多くのお客様がご来場くださいました。
オズの魔法使いより「オーバーザレインボー」の演奏で、華やかに開演となりました。
総勢10名のハープ奏者が並んだ舞台は、とても豪華で、演奏の響きがとても美しい、癒しの音色でした。
パート1では「アリエッティズソング」や「カントリーロード」などの映画音楽や「涙そうそう」、「イッツアスモールワールド」のような1度は耳にしたことがあるポピュラーソングまで、幅広い演奏をお楽しみ頂きました。

パート2では、パート1で演奏した曲を、一緒に唄いましょうとゆう事で、プログラムに載っている歌詞を見て頂きながら、ハープの演奏にあわせて、皆さんと唄って楽しんで頂きました。歌を唄うと、お客様も自然に笑顔になります!コンサートの緊張もほぐれて、気持ちもリラックスしてきたところでパート3のハープに触って頂くワークショップの時間となりました。
奏者が舞台から、お客様のお席までハープを持っていき、触って、弾いて頂く時間。
ハープを触るのは初めてとゆう方が多いので、皆さんとても喜んでくださいました。
たくさんのお客様の笑顔に、スタッフ一同も、奏者も嬉しい気持ちになります。
耳が聞こえにくいお客様も、ワークショップのお時間があるので、とても熱心にハープに触ったりして頂き、充実したひとときをお過ごしになりました。
記念撮影をされたり、舞台にあがってグランドハープを触られたり、いろいろな種類のハープを全部試されたりと、お客様一人一人が素敵な時間をお過ごし頂き笑顔あふれる、楽しい時間となりました。

パート4は、北政扶美子ハープソロの演奏。楽しいハープのお話や曲の紹介があり、ワクワクします。「白鳥(サンサーンス)」や「Part of your world」を壮大なスケールの演奏で魅了した後は、「パハロカンパーナ」を軽快なリズムで楽しませて、多種のハープを多様な曲で演奏する、素晴らしいプログラムでした。
今回、ゲストにお越し頂いたギタリスト篠原正志さんとのアンサンブル演奏は、「花祭り」、「コンドルは飛んでいく」「ビーノブランコ」など、元気がわいてくるような、曲を主体として、ギターとハープの折り重なった音色は、どの曲も深みがあり、耳より先に心に響くような、とても素敵な演奏でした。
パート5になると、いよいよクライマックスです。
ギター篠原正志さんも一緒に、ハープ奏者全員での演奏となります。
映画史上大人気作品となった~君の名は~より「なんでもないや」、美空ひばりの名曲「川の流れのように」、お子様から大人の方まで人気の「ジブリメドレー」などを演奏。
最新の曲から、人気の曲まで、本当に幅広い曲を、奏者全員が練習を重ねた成果を、心を一つにして、最後まで一生懸命に演奏しました。
アンコールは「アメージンググレース」で、2017年度の障害者の方の為の無料コンサートは、お客様からの盛大な拍手の中、無事に終演を迎えました。
お越し頂いた皆様には、心から感謝申し上げます。
ぜひ、またお目にかかれる事を、スタッフ、奏者一同、楽しみにしております。
本当にありがとうございました。

【ご来場頂いた方からのご意見を、一部掲載させて頂きます】
・車いすでの鑑賞でしたが、ハープを弾かせて貰ったり、一緒に写真を撮って頂いたり、一緒に歌ったり、娘が楽しそうで良かったです。招待して頂き、ありがとうございました。
・高齢者生活に楽しいひととき・・・ありがとうございました!
・演奏中、子供(障害者の方)が奇声を発し、場外に出ようと思っていた時に奏者の方からお声をかけ頂き、とても嬉しかったです。
・2回目の参加ですが、今回も楽しく聴かせて頂きました!

他にも嬉しいご意見を、多数頂戴致しました。
アンケートにご協力頂いた皆様に、あらためて感謝申し上げます。