11月4日 栄区音楽祭 コンサートレポート

11月4日 栄区音楽祭 コンサートレポート
11月4日 栄区音楽祭 コンサートレポート

11月4日 栄区音楽祭 コンサートレポート

今回の出番は、第2部の1番目とゆう事もあり、ほぼ満席状態です。
オープニングは、上品に「メリーウィドウワルツ」 ハープの伸びやかな音色に客席も心を奪われます。
続く「ビーノブランコ」はノリの良いベネズエラのポップスです。ラテンハープの軽快な音に、アイリッシュハープが上手く絡んで、とても盛り上がる演奏になりました。
観客の皆様も、拍手喝采でした。
最後は、「ポールモーリアメドレー」。恋は水色~涙のトッカータと、秋の陽によく似合う甘く切ないメロディが心に残る中、惜しみない拍手に送られて、演奏を終えました。

開演前の緊張の雰囲気や、演奏中の華やかな舞台風景の写真を撮りました。
お隣の席の方に、気を遣いながらの撮影となりましたが、やはり華やかなハープは素敵だなと、感じる瞬間となりました。